BIJORHCA2018.September

 ここは、パリ15区に位置するPorte de Versailles(ポルトヴェルサイユ)の展示場。1935年から開催されているという国際的なジュエリーと時計の展示会「BIJORHCA」(ビジョルカ)の展示会場である。

私は、初めてBIJORHCAに向かった日の事を思い出す。

今年の9月で5回目。初めての時はイタリアのヴェネチアから出展しているManuelaに招待してもらい、おっかなびっくりで出かけたものだ。日本酒を持参し、Manuelaたちの周りのブースの方たちと一緒に楽しんだのも忘れられない思い出のひとつである。
 ところで、この展示会には、毎回、トレンドをスパイスに、テーマ別に設えられたコーナーを実力のあるデザイナー達によるジュエリーで見事にディスプレイしているギャラリースペースがある。
あまりに見事なパフォーマンスで、きっとここには、『ディスプレイの神様』がいらっしゃるのだろうと信じているのだが、
私の五感は鋭敏になってしまうようで、ついつい引き込まれてしまう。
私にとって、ここは、オルセーやルーブルに匹敵する学びの場である。
色彩感覚、バランス感覚、トレンド、テーマ、別々のようで、しなやかに融合し、観る人の感覚を震わせる。。